予防接種情報

= 子ども予防接種週間のお知らせ =

2021.02.25

期間:令和3年3月1日(月)~3月7日(日)
主催:日本医師会、日本小児科医会、厚生労働省

予防接種に対する関心を高め、予防接種率の向上を目的として、上記の期間を
「子ども予防接種週間」といたしました。
期間中、協力医療機関において、通常の診療時間帯に予防接種を受けにくい人たちに対し、予防接種を行います。
協力医療機関については以下をダウンロードしてください。
※医療機関により対応可能な日時が異なりますので、必ず電話で事前予約の上、お出かけください。
※通常診療時間帯内での実施のみ可能な医療機関もありますので、ご注意ください。 

ファイルをダウンロード

※各種予防接種の詳細な内容については相模原市保健所疾病対策課まで
相模原市保健所疾病対策課 予防接種班℡:042-769-8346

※子ども予防接種週間における協力医療機関のお問い合わせは下記まで
相模原中央メディカルセンター事業課 地域保健班℡:042-756-1700

水痘(水ぼうそう)予防接種について

2015.09.24

平成26年10月1日から水痘予防接種が定期の予防接種になりました。


水痘は「水ぼうそう」とも言われ、水痘-帯状疱疹ウィルスの直接接触、飛沫感染あるいは空気感染によって感染します。感染力の強い病気で5歳までに約80%の子どもがかかるといわれています。主な症状は発疹、発熱です。特徴的な発疹が主症状でかゆみを伴います。一般的には軽症疾患ですが、免疫不全状態の場合に重症となり、脳炎を合併することもあります。

接種対象となる人(接種時に1歳、2歳の人)で、接種を希望される人は、相模原市ホームページより詳細をご確認のうえ、直接協力医療機関へ予約し、接種を受けてください。


詳しくは、相模原市ホームページをご覧ください。

水痘(水ぼうそう)予防接種について

風しん予防接種促進事業の実施について

2014.05.19

風しん予防接種促進事業(未経産婦に対する風しん抗体検査及び風しん予防接種費用の一部助成)の実施について

相模原市では、風しん予防接種促進事業(未経産婦に対する風しん抗体検査及び風しん予防接種費用の一部助成)を実施します。

風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴等を主な症状とする先天性疾患(先天性風しん症候群)にかかるおそれがあります。

この先天性風しん症候群の全国における報告数も流行の影響から増加している状況です。

相模原市ではこの先天性風しん症候群の予防を目的として、妊娠を希望する未経産婦(風しんの予防接種歴、抗体検査歴、罹患歴の無い人)に対し、無料で風しん抗体検査を実施し、抗体を有しない「真に予防接種が必要である人」を抽出するとともに、抽出された人で風しん予防接種を希望する人に対して予防接種費用の一部を助成します。

希望者は、相模原市ホームページより詳細をご確認のうえ、協力医療機関へ予約してから接種を受けてください。

実施期間 : 平成26年4月1日 ~ 平成31年3月31日(予定)


詳しくは、下記リンクより相模原市ホームページをご覧ください。

<span style="font-size: 13pt; font-family: &amp;amp;amp; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century; mso-bidi-font-family: &amp;amp;amp; mso-font-kerning: 1.0pt; mso-ansi-language: EN-US; mso-fareast-language: JA; mso-bidi-language: AR-SA;">風しん予防接種促進事業の実施について</span>